記事一覧

HOME > 記事一覧 > 2017年度第24回カトリック学校法人リーダー研修会が開催されました

2017年度第24回カトリック学校法人リーダー研修会が開催されました

 10月12日~13日に東京・四ッ谷のニコラ・バレ修道院を会場に「2017年度第24回カトリック学校法人リーダー研修会」が開催されました。

全国から理事長・事務局長、学校責任者や先生方など、カトリック学校の現在そして将来を担われる方々84名が参加されました。

初日には前六甲学院理事長の赤松廣政神父が「カトリック学校が伝える福音」と題して六甲学院のユニークな教育の内容をたくさんのスライドと共に紹介されました。続いて博報堂PR戦略局の加藤昌治氏より「絆をはぐくむ広報活動のつくり方」と題する講演と広報戦略作りの一端をワークショップ形式で学びました。



2日目。朝8時半のミサには60名以上の皆さんが参加されました。午前の部の最初はドン・ボスコ社代表の関谷義樹神父の講演。ホワイトボードを目一杯使って「生き方を伝える」を熱く語られました。続いて事例報告として、福山暁の星学院事務長の藤岡誠治氏と湘南白百合学園中学高等学校教諭の坂上卓男氏からカトリック学校の今を現場の当事者として具体的にお話くださいました。

昼食を挟んで午後は分科会。10名程度のグループに分かれ、2日間の学びと気付きの分かち合いが行われました。
 
同じカトリック校で働く仲間と出会い、共に学び、気付き合う良い機会となりました。

戻る

ページ先頭へ