記事一覧

HOME > 記事一覧 > 【日本カトリック教育学会より】第一回共催シンポジウムのお知らせ

【日本カトリック教育学会より】第一回共催シンポジウムのお知らせ

日本カトリック教育学会(特別企画Ⅱ)より、標記共催シンポジウムのお知らせをいただきましたので、
こちらにご案内いたします。

********************************************************************
日本カトリック教育学会(特別企画Ⅱ)は、科学研究費「カトリック系人文主義教育と日本―イエズス会を中心に―」と共催でシンポジウムを随時開催していく予定です。

第一回目のシンポジウムでは、『カトリック学校と「リーダーシップ」』と題して、カトリック学校の歴史、海外のキリスト教教育の動向、日本の教育改革との対話という視点を手掛かりに、これからのカトリックの中学・高等学校における教育は、どのように新たなリーダーシップ像を提示し、また「リーダー」の育成を目指すことができるだろうかということを検討いたします。

キリスト教学校に勤務する教職員、保護者をはじめ、広くキリスト教学校教育へ関心を寄せられている方々のご参加をお待ち申し上げます。

参加費は無料です。参加希望の方は、直接会場にお越し下さい。

 

日時 : 2017 3 11 土曜日 12301540 (受付は1210から) 
会場 : ニコラ・バレ(幼きイエス会修道院) 9階ホール

テーマ: カトリック学校と「リーダーシップ」

     -カトリック中等教育はいかなる「リーダー」養成を目指すのか?

      これまでとこれからと-

 

提題者:

桑原直己 (筑波大学) 「『イエズス会学事規程 (1599年版 )』における競争的教育方法」

品田典子 (日本カトリック学校連合会) 「日本におけるカトリック学校のいま・これから ~ 教育改革を追い風に~」

松村康平 (広島学院中・高等学校) 「現代のイエズス会中等教育とその展望 ー米国を中心としてー」


**********************************************************************


詳細につきましては、下記のリンクをご覧ください。
→☆こちら

戻る

ページ先頭へ